ISOWEEKNUM関数を利用してISO週番号を効率的に取得

ISOWEEKNUM関数を利用してISO週番号を効率的に取得 関数

ISOWEEKNUM関数によるISO週番号の効率的な取得

ISOWEEKNUM関数は、世界共通の日付表記となるISO週番号をExcelで効率的に取得するのに利用できる関数です。ISO週番号とは、通常の日付ではなく、1週間を1つの番号として週ごとに1から数えて表記される形式です。

基本的な使い方

ISOWEEKNUM関数の使い方は、以下の通りです。

  • ISOWEEKNUM関数の書式:ISOWEEKNUM(serial_number, [return_type])

引数

  • serial_number:日付を表す数値
  • return_type:オプション引数。ISO週規則を決める整数値。1または2を指定できる。省略時は1。

serial_numberに日付を入力するだけで、ISO週番号が取得することができます。また、return_typeでISO規則を示す整数値を指定することで、より細かい表記を取得することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました