DATE関数で日付情報を簡単に作成しよう

DATE関数で日付情報を簡単に作成しよう 関数

DATE関数で日付情報を簡単に作成しよう

ExcelのDATE関数は、日付の情報を作成するのに便利な関数です。年、月、日の情報を引数として受け取り、曜日を算出したり、日付をシリアル値に変換したりすることができます。

DATE関数の基本的な使い方

DATE関数の基本的な使い方は以下になります。

  • DATE関数を使って日付を算出する場合、以下の引数を指定します。
  • 算出した日付は、Excelのシリアル値に変換されます。
  • DATE関数を使うと、曜日を算出することも可能です。

DATE関数の引数について

DATE関数には、以下の3つの引数を指定します。

  • 年:4桁の数値を指定します。例:2020年の場合、2020と指定します。
  • 月:1~12の数値を指定します。例:5月の場合、5と指定します。
  • 日:1~31の数値を指定します。例:25日の場合、25と指定します。

例えば2020年5月25日を指定する場合、DATE関数を以下のように指定します。

  =DATE(2020,5,25)

コメント

タイトルとURLをコピーしました